おすすめ活用術

  • 飲食
  • 理美容
  • 美容(エステ)
  • ネイル
  • ペット
  • リラク
  • 整体
  • 接骨、整骨院
  • 鍼灸治療院
  • カイロ
  • 歯科
  • クリーニング
  • スクール
  • 幼稚園
  • その他
サポートセンター営業カレンダー
各種ダウンロ

ード
マニュアルPDFダウンロード 予約マニュアルPDFダウンロ

ード


ご意見・ご要望書


ipa要望アンケート

スマートフォンの対応、機種変更時の

操作について

新POPデザイン一覧DL

会員募集チラシDL

郵送サポート

資料DL

サポート資料

関連資料DL
ご覧になるにはAdobe reader(無償)が必 要です。
≫こちらからダウンロードして 下さい

http://www.ipmobile-support.com/m/

HOME > おすすめ活用術 > コミュニケーションツールの使い分け

おすすめ活用術

< レジ横の店販商品  |  一覧へ戻る  |  このサービスを受けると、生活が豊かになるという欲求 >

コミュニケーションツールの使い分け

今ご利用いただいている、IPmobileもそうですが、Facebook、アメブロ、twitter等のSNSと呼ばれるツールがあります。

それぞれの特性があるので、どれも全く同じアプローチをしても、効果的かというとそうではありません。

それぞれのコミュニケーションツールの使い分けをご紹介します。

使い分け事例

Facebook

利点としては、実名登録なので、信頼性が高いこと、また、お客様がシェアをすることで宣伝効果が拡散していきます。
Facebookでは、タイムラインにどんな投稿が表示されるか、という指標があります。
記事に対する、いいね、シェア、コメントの数もそうですが、更新頻度も関わっています。
Facebookページを持っている店舗様は、ブログを書くのと同じ頻度で、Facebookページを更新し、お客様のタイムラインに表示させ続ける努力をされているようです。

twitter

Twitterはとにかくリアルタイムでの情報を伝える事に長けています。
入荷した商品、入荷予定の商品を紹介する事でタイムリーな情報を提供しています。

IPmobile

twitterやFacebookは不特定多数とのリアルタイムのコミュニケーションが可能ですが、IPmobileは1対1に近いコミュニケーションを行う事が出来ます。
メール内にその人だけに送ったような仕掛けを入れたり、お客様の生活パターンを読んで読まれやすい時間帯や、曜日に配信する事で、反響を工夫しましょう。

それぞれのSNSの特性を生かすことで、相乗効果が見込めます。
やり方を少し変化させて、運用していきましょう。


< レジ横の店販商品  |  一覧へ戻る  |  このサービスを受けると、生活が豊かになるという欲求 >

このページのトップへ