おすすめ活用術

  • 飲食
  • 理美容
  • 美容(エステ)
  • ネイル
  • ペット
  • リラク
  • 整体
  • 接骨、整骨院
  • 鍼灸治療院
  • カイロ
  • 歯科
  • クリーニング
  • スクール
  • 幼稚園
  • その他
サポートセンター営業カレンダー
各種ダウンロ

ード
マニュアルPDFダウンロード 予約マニュアルPDFダウンロ

ード


ご意見・ご要望書


ipa要望アンケート

スマートフォンの対応、機種変更時の

操作について

新POPデザイン一覧DL

会員募集チラシDL

郵送サポート

資料DL

サポート資料

関連資料DL
ご覧になるにはAdobe reader(無償)が必 要です。
≫こちらからダウンロードして 下さい

http://www.ipmobile-support.com/m/

HOME > おすすめ活用術 > チラシの役割の変化

おすすめ活用術

< 「見て楽しむ」という販促  |  一覧へ戻る  |  配信時間をマーケティングする >

チラシの役割の変化

近年、デジタルの看板や、アプリでの広告等、店舗販促自体がデジタル化しています。
その中で、今までのチラシのあるべき姿も変わりつつあります。

従来は、お客様の導線として、
「注目」→「興味」→「欲求」→「記憶」→「行動(購買)」
となっていました。

今は、SNS等の発達により
「共感」→「確認」→「参加」→「共有・拡散」

と変わってきています。

つまり、今までは「この商品はこういうものです!!」というチラシが多かったのですが、
今効果的と言われているチラシは「●●にお悩みの方にこの商品を・・・」
という寄り添うようなチラシや広告の方が反響が出やすくなってきたそうです。

是非、寄り添い型のチラシやポップの販促をしてみてはいかがでしょうか。


< 「見て楽しむ」という販促  |  一覧へ戻る  |  配信時間をマーケティングする >

このページのトップへ